赤ちゃんに最適な水の特徴とウォーターサーバーのメリット

赤ちゃんは大人と比べると免疫力がかなり低下しているレベルだとかんがえましょう。
ですから完全母乳で育てていない場合、粉ミルクで育てている場合は赤ちゃんにミルクを作ってあげるとき、水を選ぶ必要があります。
それほど過保護にならなくても・・・と思っている人も多いかもしれません。
しかし赤ちゃんが美味しく飲んでくれるのは嬉しいことです。
そこでウォーターサーバーのメリットと共に赤ちゃんに最適な水を探しに行きましょう。

 

赤ちゃんには軟水が良い

 

水は硬度指数というもので軟水硬水に分けることができます。
その硬度とはなんぞや?というと、ミネラルやカルシウムの含有量によって異なります。

 

硬度指数が高いと硬水になり、低くなると軟水となります。
日本の水は殆どが軟水なので、柔らかく、飲みやすい水となりますが、赤ちゃんも同じく柔らかく飲みやすい水が適しています。
ミルクを作る場合でも軟水を選んで作ってあげたほうが赤ちゃんの食いつきが違ってきます。

 

安全な水だから赤ちゃんにも安全を

水
ウォーターサーバーは大体12リットルの水を貯蔵することができます。
そして配送してくれますから、わざわざ重たい荷物でミネラルウォーターを買ってくる必要がありません。

 

もちろんその分料金はかかりますが、スイッチ1つで温水も冷水も出てくれるので簡単にどちらでも使うことができます。
赤ちゃんがミルクが欲しいと言っている場合にも、さっと温水でミルクを溶かし、水でさっと薄めて適温にすることができますから、それ以上にまたせる必要がないのです。

 

ウォーターサーバーのメリットと言えば

  • やはり宅配してくれる水であること
  • 美味しい水であること
  • スイッチ1つで温かい、冷たいが調節できること

があげられます。

 

安全な水なので妊娠中に飲む水としても最適です。

 

ウォーターサーバーのある暮らしをしてみませんか?ちょっと贅沢、でも快適。
各メーカーによって無料体験ができるサーバーがありますから、まずは体験してみてウォーターサーバーのある暮らしを送ってみましょう。