災害発生時の赤ちゃん大丈夫?水の心配がなくなるウォーターサーバー

日本では地震は当たり前のことです。
と、思っておいたほうがよいです。
それだけ地震が起こりやすい地域だと言えます。
小さな地震なら結構な頻度で起きていますし、大規模地震は記憶に新しい東北地方の自信とも言えます。

 

阪神大震災も非常に犠牲者が多かったのですが、東北の場合、放射能の関係もあり、非常に多くの命が失われることになりました。
そんな中、ウォーターサーバーはどう活躍するのでしょうか?

 

備蓄用にウォーターサーバーの水を使う


大人の場合だと、1日に水は3リットルは使うという計算になるようです。
家族の場合、人数分と3リットルとなるのでかなりの量が必要になります。

 

そのため、ウォーターサーバーは注文時点で家族分注文するようになっているのでまとまった水を確保するのにベストな方法でしょう。
また停電してもウォーターサーバーは使えるように設計されています。

 

1年間の賞味期限が開封前なら可能なので、備蓄用として安全な水を確保しておくこともできるのです。
いつでも水がストックされているからこそ、生活に安全が生まれます。

 

ウォーターサーバーは定期的に水が配送されますから、常に新しい水と常備水として家における状況にあります。
もしもの時のことに備えて備蓄用の水ができるわけです。

 

もちろんウォーターサーバー内の水も活用できますが古いものから使っていけますから問題ありません。

 

天然水とRO水が選べるウォーターサーバーもある

 

また最近では天然水とRO水を選ぶことができるウォーターサーバーが増えています。
それぞれに賞味期限がありますが、天然水は6か月、RO水は1年間もちます。

 

天然水は美味しいのですが、RO水はどんな状況でも使うことができる未開封なら1年間ももつ備蓄ウォーターとして活躍出来ます。

 

そのような理由から、災害が発生した場合でも赤ちゃんの粉ミルクを作ることができますから安心できます。

 

母乳で育てていない人は母乳が出ない、もしくはなんらかの持病を飲んでおり、母乳をあげたくてもあげられないママが多いのです。
そんな中、赤ちゃんだけでもお腹を満たせてあげたいですね。