ウォーターサーバーを利用した赤ちゃんのためのミルクの作り方

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルクに使おうと思って買ってみた、
もしくは妊娠中に体の健康を考えて、胎児のことも考えてウォーターサーバーを買ってみた・・・は良いけれど、
どうやって粉ミルクを作ればいいの?という新米ママも多いでしょう。

 

ウォーターサーバーのお湯を沸騰しなくてもいいの?冷水をそのまま使って大丈夫?
色々な疑問が出てきますから解明していきましょう。

 

粉ミルクを作る場合は煮沸が前提


ミルクを作るには、水を煮沸して消毒するのがまず大前提です。
ただし、ウォーターサーバーに限っては不純なものや細菌はまったく入っていませんから、そのまま使うことができます。

 

最近の粉ミルクは高温ではなくそこそこ温かい水でもスムーズに溶けるようになっていますから、ウォーターサーバーのお湯でも簡単に溶けます。
ウォーターサーバーのお湯は80度から90度くらいだと言われていますから、ほぼ粉ミルクは完全に溶けてミルクができ上がります。
少量のお湯で溶かしたミルクを今度は冷水で適度に温めていくのが粉ミルクの作り方としては一般的でしょう。

 

冷ますための冷水はそのまま使うの?

 

粉ミルクを作るのに、沸騰したお湯を入れてミルクを溶かし、そのまま冷水を入れるというのが本来のやり方でした。
しかし赤ちゃんに安全な、と思ってペットボトルの水を買っていてはコストがかかりすぎます。

 

そこでウォーターサーバーの冷水機能を使って湯冷ましを作りましょう。
ミルクの上から冷水を足していって、徐々に温度がよくなってきたら温水と冷水を調節して水分を足すようにします。
それで人肌程度に温まったら美味しいミルクの完成です。

 

安心安全なものを飲みたいと思うのは妊婦さんも赤ちゃんも安心できます。

 

粉ミルクの作り方はミルクの缶などに書いてありますから、その通りに作れば問題ないでしょう。
もちろん水道水が悪いというわけではありませんが、一度煮沸する手間を考えると、
どうしてもウォーターサーバーの機能は便利で仕方ないのです。